坂本龍馬の映画10選

『坂本龍馬』

(1927(昭和2)年)

古畑任三郎でおなじみの田村正和の父・バンツマこと阪東妻三郎の主演作『坂本龍馬』。

戦前の作品の為、フィルムは近江屋で龍馬たちが襲われるクライマックス部分しか現存していないが、内容は黒船来襲からの龍馬を描いている。

この映画の中で、龍馬を暗殺したのは佐々木只三郎を含む見廻組になっており、すでに現在語られる坂本龍馬にまつわる話と違いは全く見当たらない。

つまり、よく言われる「坂本龍馬は司馬遼太郎によって有名になった。」というのは、まさに都市伝説で、戦前の映画は幕末モノがとても人気があり、坂本龍馬は、当時からその中心人物だったのだ。

↑上へ戻る

『海援隊』

(1939(昭和14)年)

坂本龍馬は月形龍之介。

近藤長次郎を昭和の剣戟スター「鞍馬天狗」のアラカンこと嵐寛寿郎が演じている。

この年のキネマ旬報ベストテン映画。

※戦前の時代劇映画は、自由民権運動の影響もあって、幕末モノは、豊臣秀吉の「太閤記」、赤穂浪士の「忠臣蔵」と共に大変人気があった。

併せて国定忠治など、明治の圧政に苦しむ渡世人なども市民の人気を得ていた。

つまりその当時の時代劇は国民主権の色合いが強く、軍国主義的な傾向などほとんどなかったにも関わらず、戦後GHQの不理解によって大量の時代劇映画を焼かれてしまったのは、とても残酷で不幸な話だ。

そして、この翌年から国の検閲が厳しくなり、戦意高揚映画に趣きが変わってゆく。

↑上へ戻る

『暗殺』

(1964(昭和39)年)

司馬遼太郎の小説『奇妙なり八郎』を基に、庄内藩出身の志士・清河八郎を主人公として描いた実験的要素の強い問題作。

坂本龍馬は、その清河八郎を醒めた視点で語る役柄として登場する。

(坂本龍馬役は俳優・中井貴一の父・佐田啓二だ。)

当時の学生運動なども、かなり色濃く影響しているように感じるが、清河八郎と坂本龍馬を対比する視点は、とても興味深い。

「暗殺」 [DVD]

 ↑上へ戻る

『人斬り』

(1969(昭和44)年)

これは「人斬り以蔵」と呼ばれた土佐の岡田以蔵を描いた映画だが、坂本龍馬を戦後昭和の大スター・石原裕次郎が演じているので取り上げた。

脇の田中新兵衛役を三島由紀夫が演じており、切腹のシーンがことの外美しい。

彼はその翌年、自衛隊市ヶ谷駐屯地にて割腹自殺を遂げる。

↑上へ戻る

『幕末』

(1970(昭和45)年)

主演は中村錦之助(後の萬屋錦之介)。

中村錦之助は、この他にテレビ『竜馬がゆく』でも坂本龍馬を演じている。

彼の歯切れのいいセリフ回しや、キビキビした身のこなしは、きっと当時の龍馬像だったのだろう。

この時代、世界中で人種や性差別についての解放運動が盛んに行われており、この映画も身分制度に対する龍馬の怒りが中心に据えられている。

つくづく坂本龍馬は、その時代の潮流に合わせて描かれやすい人物だと感じる。

幕末 [東宝DVDシネマファンクラブ]

 ↑上へ戻る

『龍馬暗殺』

(1974(昭和49)年)

坂本龍馬を演じるのは原田芳雄。

余談だが、この坂本龍馬はカッコよ過ぎませんか?!

いや、ホントにカッコよくてセクシーだ。

話は、龍馬が暗殺される前々日の、慶応3年(1867年)11月13日からの2日間を追っている。

今までの幕末モノとは違い、人物がとてもリアルに描かれているのが印象的だ。

龍馬を暗殺するのは定番の佐々木只三郎ではなく、薩摩藩士、中村半次郎の配下の右太という武士。

その右太を演じているのは故・松田優作だ。

竜馬暗殺 [DVD]

↑上へ戻る

『幕末青春グラフィティ Ronin』

(1986(昭和61)年)

上に挙げた原田芳雄演じる坂本龍馬との落差を考えると、同じ人物をこうも広げて解釈できる坂本龍馬というのは、やはりどこか捉えどころのない人物なんだなと思えてくる。

あくまで私見だが、武田鉄矢という人は何を演じても、どこか教育者の顔になってしまう(金八先生の印象で、こちらがそれを投影してしまうのだろうか?)ので、どこか型破りな坂本龍馬を演じるのには、根っこの部分で無理を感じてしまう。。

幕末青春グラフィティ Ronin 坂本竜馬 [DVD]

 ↑上へ戻る

『龍馬を斬った男』

(1987(昭和62)年)

この映画辺りから、坂本龍馬の取り上げ方もバブルの匂いがプンプンしてくるように感じる。

ここで取り上げたのは、この作品には大変申し訳ないが、それを言いたかったからだけで、この後1991年に公開された『幕末純情伝』(「実は沖田総司は女だった。」ということで、沖田総司を女優・牧瀬里穂が演じている。)なども合わせて、どこか腰が座らないフワフワした印象を受ける。

「龍馬を斬った男」佐々木只三郎を演じる萩原健一も、坂本龍馬役の根津甚八も好演だと思うのだが、どうしても冗長にかんじてしまうのは私だけだろうか?

↑上へ戻る

『幕末純情伝』

(1991(平成3)年)

つかこうへい作の映画化。

上にも書いた沖田総司が女性だったせいで巻き起こる恋愛模様と龍馬暗殺を織り交ぜた青春(?)映画。

坂本龍馬は若き渡辺謙が演じている。

正直、この映画について語ることはほとんどなく、個人的には別に観なくてもいいのかな?と感じる。

幕末純情伝 デジタル・リマスター版 [DVD]

話は少し横にずれるが、『幕末純情伝』というタイトルとよく似た(というより、『幕末純情伝』というタイトルは、この映画の影響だろうと思っている)『幕末太陽傳』(1957(昭和32)年)は必見の一作だ。

ちょっと乾いたシニカルなコメディ映画なのだが、上の映画とは躍動感も、筋立ても、画の力、役者の力量なども、全ての桁が違う。

鬼才・川島雄三監督の遺作にして、まさに最高傑作だと思う。

もし機会があれば是非ご覧ください。

幕末太陽傳 [DVD]

↑上へ戻る

 『竜馬の妻とその夫と愛人』

(2002(平成14)年)

バブルが弾けて以降、坂本龍馬を描く映画は激減した。

それに代わって新撰組を描く映画は増えているように感じる。

どういう相関関係があるのか、また、それは私の思い違いで、別に何もないのかは定かではないが、なんとなくそう感じる。

この映画に至っては、坂本龍馬はただのそっくりさんであって、実際の龍馬は登場しない。

ここで龍馬のそっくりさんを演じているのが江口洋介。

その江口洋介は、後にNHK大河『新撰組!』で、本物の坂本龍馬を演じることになる。

どちらも脚本は三谷幸喜。

時代モノに造詣が深い三谷幸喜には、坂本龍馬は江口洋介のように感じるのだろうか?

竜馬の妻とその夫と愛人 [DVD]

↑上へ戻る

以上10作品を取り上げてみた。

ここでは新品DVDで入手できるものだけをリンクしておいたが、中古で入手可能なものもあるので、観たい作品があれば直接調べて頂けると幸いです。

後記になるが、当初は他のジャンルと同様、おすすめ順に並べようと試みたのだが、なんとなく居心地が良くない。

その過程で、映画は、他のジャンルよりも、強く、その時代の背景と共に生きているんだなと改めて認識した次第です。

読みづらく感じる点も多々あったと思いますが、寛容な心で見て頂けるよう願っています。

↑上へ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です