daichi のすべての投稿

坂本龍馬のおすすめ本6選

汗血千里の駒

坂崎 紫瀾(著)
(1883年)

後の坂本龍馬を決定づけた快作。

戦後の坂本龍馬ブームの火付け役になった司馬遼太郎の『竜馬がゆく』も、この作品がなければ生まれなかったといっても、けっして過言じゃないと思う。

自由民権派の新聞「土陽新聞」に連載された坂崎紫瀾の自由への渇望が火傷するくらいアツいのに、なぜか爽やかに感じるのが不思議だ。

当時話題になった挿絵のレトロ感も満載で、娯楽作としても龍馬本として最高の一作☆

龍馬はん

↑上へ戻る

『龍馬の天命』

阿井景子(著)、 安部 龍太郎  (著), 大岡 昇平  (著), 北原 亞以子 (著), その他
(2010年)

8人の作家による龍馬にまつわる短編集。

中でも、龍馬の姉・乙女の思いを綴った、阿井景子さんの『乙女』と、神戸の操練所で出会い、海援隊を共に築いた陸奥宗光との関係を描いた津本陽さんの『うそつき小次郎と竜馬』は、龍馬という人物像をイメージする上で、とても面白く、また、どの作品も、どこか司馬遼太郎との違いを探っているようで興味深かい。

 

龍馬の天命

↑上へ戻る

龍馬はなぜあんなにモテたのか

美甘子(著)
(2009年)

坂本龍馬の史実を語る関連本は、本当にたくさん出ているが、冗長だったり偏ったりしているものも多く、まず第一に、ホントにつまらない。。

それを思うとその関係はこの一冊で、ほとんど事足りるかもしれない。

まず第一に、史実として曖昧なところや、噂話を、ちゃんとそう断った上で書いるところに誠意を感じるし、トリビア的なところもしっかり拾っていて、龍馬入門編という意味では、表紙からして堅苦しくて、暑苦しい他の龍馬本よりずっといい。

なによりも龍馬を取り巻く女性達の記述が多いことによって、龍馬を人間離れしたヒーローから、地に足がついた人間に引き戻してくれているようなところが、とても好感が持てた一冊だ。

龍馬はなぜあんなにモテたのか

↑上へ戻る

『坂本龍馬』

黒鉄ヒロシ
(1997年)

坂本龍馬の史実を辿るだけなら、上の『龍馬はなぜあんなにモテたのか』一冊で十分だと話したが、それに付け加えるとしたら、同じ土佐の生まれの黒鉄ヒロシさんの『坂本龍馬』を推したい。

もちろん、この本はただ史実を辿るのではなく、漫画として楽しませ、様々な想像力を働かせたくなる疑問もいっぱい投げかけてくれる。

そういった意味で、もし「龍馬のことは知りたいけど、文字ばっかりだと疲れちゃう。」という人がいたら『お〜い!竜馬』よりも、こちらをお勧めしたい。

『お〜い!竜馬』の最後の場面は、私には「小山ゆうさんの気持ちは次回作でいっぱいなんだろうな」と感じるくらい散漫なものに思えた。

それと比べて、黒鉄ヒロシさんの、龍へと昇華する龍馬の絵は、作家のこの作品への、そして龍馬への思いが感じられて、とても愛おしい。

坂本龍馬

↑上へ戻る

『龍馬と弥太郎』

童門冬二(著)
(2009年)

著者・童門冬二さんは本当にいい人なんだと思う。
龍馬と弥太郎の二人を、また、当時の人々を、どれも、とても優しい視点で追っている。
そして、時系列を丁寧に並べながら、龍馬の魅力と商人としての限界、弥太郎の野望と可能性を語っている。

その童門さんが、後にNHK大河ドラマ『龍馬伝』は真実と違うと結構強めに語っていた。
『龍馬伝』は、弥太郎を語り部にして龍馬の人生を追っていく話なのだが、その内容が史実と大きく異なると言う。
実際、岩崎弥太郎は、坂本龍馬と子供の頃からの知り合いではないし、様々なところで史実と違うところがあったのは確かだ。

その『龍馬伝』の中で、暗殺に向かう見廻組に、やけになった弥太郎が「あんなヤツ殺してしまえ」というようなことを言うシーンがある。

その後、龍馬は見廻組に殺される。

町の噂では、後の三菱の巨大な資産となって行く『いろは丸』の損害賠償金の件や、龍馬暗殺の頃の記述があるハズの弥太郎の日記を三菱財閥が買い上げて、未だに公表を拒んでいる件など、弥太郎が龍馬暗殺に何か関わっていたんじゃないか?と騒がしいのも事実だ。

このシーンは、そんな弥太郎にまつわる噂話への、脚本家・福田靖のレスポンスなのだろうと感じた。

歴史家は真実のようにウソを語り、小説家(福田靖さんは脚本家だが)はウソの中に真実を見出そうする。

そういう意味では、童門さんは歴史家に寄った作家なのかもしれない。

龍馬と弥太郎

↑上へ戻る

『龍馬の船』

清水義範
(2009年)

船オタクで、新し物好きで、好奇心いっぱいな龍馬は、龍馬が好きな人なら、ほぼ共有されたイメージだと思う。

船に乗りたい一心が、脱藩にも、亀山社中にも、そして薩長同盟にまで繋がってゆく。
それが「欲」ではなく「希望」になって結ばれてゆくところが、清水義範さんの良さなんだと感じた。

ネタバレ的になるけど、目次で大体の察しはつくと思うからお話すると、この話はいろは丸の一件からちょっと経った辺りで終わってる。
ここから以降の龍馬は何をやったか本当にたくさんの資料があるのにも関わらず。

そこに清水義範さんの心意気を感じる気がする。

龍馬を、ある意味で、ただの船好きとして描くことで結実した、清々しく、心が和み、あたたかくなる良書だ。

 

龍馬の船

↑上へ戻る

以上、6作品を挙げた訳だけど、正直言って当初は「10作品くらい簡単に挙げられるんじゃないか」とタカを括っていた。

なぜそう思えたかというと、世にはそれくらい沢山の龍馬本が出版されているからだ。
著名な方もいっぱい書いている。
むしろ10で収まるのかな?と思っても不思議じゃない。

だけど、実際に読むと、そうはならなかった。

上に取り上げた作品と『竜馬がゆく』、『お〜い竜馬』以外の作品は、正直、ちょっとずつ物足りなく感じた。

もちろん全てを読んでる訳ではないので、断言できないんだけど、どこか型にハマってるものが多く感じる。

そこで、なぜ型にはまってるように感じるのか考えた。

それは、龍馬の知人、友人、また、本人の書物がいっぱい残っているせいで、彼のプライムタイムがすごく調べやすいからかもしれない。

作家が創作を入れると、すぐに「史実と違う!」と言われそうな空気が充満してるから、できるだけ史実を忠実に書こうとすれば、作品自体が似てきてしまうせいはあると思う。(逆に事実や真実と言いながら「中岡慎太郎が龍馬を殺した」とか、「龍馬はADHDだった!」とか怪しげなお仕事をされてる方はいっぱいいる。)

映画やテレビドラマは配役で見せられるが、文章ともなれば、史実にない、そのわずかな隙間に工夫を凝らすのは、確かに大変なのだろう。

だけど、そこに挑んでこそ作家ではないのだろうか?

 

ここで紹介しなくても、みなさんすでに十分ご存知だと思うので『竜馬がゆく』司馬遼太郎(1962~66年)、『お〜い!竜馬』原作・武田鉄矢、作画・小山ゆう(1986~96年)は外させてもらいました。

↑上へ戻る

坂本龍馬のドラマ8選

『仁』

第一期(2009年)・第二期(完結編)(2011年)

このドラマの主人公は現代の医師・南方仁で、坂本龍馬は重要な役ではあっても主役ではない。

いきなり龍馬が主役じゃないドラマを挙げたのは、それくらい内野聖陽演じる坂本龍馬は魅力的だったからだ。

はっきり言って、この龍馬はかなり間が抜けている。
そうでなければ主人公の南方仁が活きないからで、それは当然の演出だと思える。

しかし、こんなにバカっぽい坂本龍馬が、何か「実はできるヤツ」に見えてくるのは、内野聖陽の芝居が、それほど思慮の深いものだったからだと感じる。

なにより、彼が喋る土佐弁は、ご当地の人をして完璧と言わせしめた。
尚、龍馬を暗殺したのは名前は伏せるが、架空の人物で、一般的に言われる見廻組ではない。

 

JIN-仁- BD-BOX [Blu-ray]

JIN-仁- 完結編 DVD-BOX

↑上へ戻る

『坂本龍馬』

(1989年)

坂本龍馬を演じるのは若き日の真田広之。

現在、海外で活躍している真田広之が、元気いっぱいに好演している。

テレビにおける坂本龍馬は幾つかのスタイルがあって、アイドル的坂本龍馬の流れはこの作品辺りから始まったのではないだろうか。

走るシーンがやたらに多く、疾走感溢れる坂本龍馬は、それはそれで好感が持てる。

坂本龍馬 [DVD]

↑上へ戻る

『幕末青春グラフィティ 坂本竜馬』

(1982年)

坂本龍馬を尊敬し、慕い、憧れている役者といえば、やはりこの人・武田鉄矢となるだろう。

ここで目につくのはタイトルの名前が「龍馬」ではなく「竜馬」である点だ。

それは、彼が司馬遼太郎著『竜馬がゆく』をバイブルのように愛しているところに起因しているのだと思う。

思えば、彼は坂本龍馬を演じたのではなく、『竜馬』を演じたのだと思うと、すごく納得できる。

現在の龍馬像とは随分かけ離れて見えるが、このアツさこそが昭和のエネルギーそのものだったのかもしれない。

↑上へ戻る

『龍馬伝』

(2010年)

映画のコーナーでも書いたけど、縦並びで武田鉄矢の後に福山雅治がいると、同じ人物を演じているとは思えなくなってくる。

このNHK大河ドラマは、語り部に香川照之演じる岩崎弥太郎を据えていて、史実通りなら、ほとんど接点がなかったこの二人を対比することで、龍馬の個性や達観を際立たせているように思えて、なかなかよくできたドラマだと感じる。

賛否両論あった福山・龍馬は、今までになかった龍馬の爽やかな一面を捉えていて、それほど悪くなく思えるけど。。

それと、この福山・龍馬は本当によく泣く。
上川・龍馬もよく泣いたけど、福山・龍馬は本当にボロボロと泣く。
それに比べて一番上に挙げた内野・龍馬はまったく泣かない。

当時の人が龍馬は子供時代、とても泣き虫だったと言っているので、本当は福山・龍馬の方が、ずっと龍馬らしかったのかもと思うと面白い。

龍馬伝 ブルーレイ全4巻セット

↑上へ戻る

『竜馬がゆく』

(1997年)

司馬遼太郎原作の『竜馬がゆく』は何度もドラマ化されているけど、ここでは上川隆也主演のドラマを取り上げた。

彼が演じる愚直で、非常に純粋な竜馬は、最期に暗殺という不遇の死を遂げる段になってグッと活きてくる。

これは他の竜馬にはなかった魅力のように感じる。

それにしても、岡田以蔵役の若き長瀬智也が美しいなぁ〜。
思えば岡田以蔵役は、萩原健一、反町隆史、佐藤健など、母性本能をくすぐるような役者が多い気がするなぁ…

…あっ!勝新太郎と竹中直人も演ってたのか?!あぁ。。

竜馬がゆく [DVD]

↑上へ戻る

『竜馬におまかせ』

(1996年)

三谷幸喜脚本で浜田雅功主演のコメディドラマ。

龍馬ファンにはかなり評判の悪いドラマだ。

それにしても、三谷幸喜は相当龍馬が好きなのだろう。

この後で取り上げる『新撰組!』でも、かなり色の濃い龍馬を描いている。

これを取り上げた理由は、竜馬が関西弁を喋っているというところ。

龍馬といえば、「ニッポンの夜明けぜよ!」的な、キツい土佐訛りで描かれることが多いけど、果たして龍馬はここまで頑なに土佐弁を話していたのだろうか?

坂本龍馬はなんとなく順応性が高い人のようなイメージがあるので、案外、器用に関西弁を使いこなしていても何も違和感はないはずだ。

ひょっとしたら、龍馬はこんな風に喋ってたのかもしれないのだ。

↑上へ戻る

『新撰組!』

(2004年)

またまた三谷幸喜脚本だ。

まず先にお断りしておきたいのは、三谷幸喜さんはあまり好みの脚本家ではないです。三谷さんすみません。。

それで…、このドラマで坂本龍馬を演じるのは、映画の中でもふれた江口洋介だ。
男らしいけど、かなりお茶目で、人の懐に入るのが上手い、そんな龍馬像を、江口洋介はとても良く演じていると思う。

なにより面白かったのは、龍馬が蝦夷を開拓すると言って、アイヌの服を身にまとっているシーン。

人がどう思おうとブーツを履いていた龍馬なら、あり得るかも?と思えてくる。

ん?それって案外、私が三谷演出にハマってるってこと??

 

新選組! 完全版 第弐集 DVD-BOX 全6枚セット

↑上へ戻る

『翔ぶが如く』

(1990年)

司馬遼太郎原作のNHK大河ドラマ。

西田敏行の西郷隆盛は、とっても切なく、よく合った配役だと思う。

このドラマで坂本龍馬を演じたのは佐藤浩市。
とても真面目に演じているのだけど、わずかに違和感を感じる部分があった。

龍馬という人物は、どこまで行っても人をかき分けて「俺が俺が」と出て行くタイプじゃない。
もし龍馬がそうしていたら、ほとんどの話は破談になっていただろうと感じるから。
それくらい険しい道を行った人だった。

だとしたら、佐藤浩市が得意とするような、目立たないが「秘めた闘志」を持っている男は、坂本龍馬という人物とリンクする気がするのだけど….。

そう思うと、やはりあの行動力があっての龍馬なんだなと改めて分かってくる。

ちょっと厳しいようだけど、佐藤浩市演じる坂本龍馬には「世の人は我を何とも言わば言え 我なす事は我のみぞ知る」的な独立心が、どこか欠けていたような気がする。

翔ぶが如く 総集編 DVD-BOX 全3枚セット

↑上へ戻る

以上、8作品を挙げてみた。
ここまでいろんなキャラクターの役者さんが演じていたんだと改めて思う。

ただ、映画と比べると、話が押し並べて単調で、龍馬人気に頼ってやってるだけという、イジワルな感想を持ったのも事実だ。

それにしても8作品中、3作品が「龍馬」ではなくて「竜馬」であることに驚く。

1作は司馬遼太郎だから当然としても、武田鉄矢、三谷幸喜に、やはり司馬作品は多大な影響を及ぼしていたんだろうと想像できる。

「龍馬」と「竜馬」。

この二人は何が違い、何が似ているのだろうか?

 

PS:もし気になったら観て頂けるように、できるだけAmazonリンクを貼るようにしているのだが、武田鉄矢の『幕末青春グラフティ坂本竜馬』と、浜田雅功主演の『竜馬におまかせ』がDVD化されていないのには驚いた。

特に、武田鉄矢演じる坂本竜馬は、一定数のファンがいるように思えるのだが、実際はどうなんだろう?

↑上へ戻る

坂本龍馬の映画10選

『坂本龍馬』

(1927(昭和2)年)

古畑任三郎でおなじみの田村正和の父・バンツマこと阪東妻三郎の主演作『坂本龍馬』。

戦前の作品の為、フィルムは近江屋で龍馬たちが襲われるクライマックス部分しか現存していないが、内容は黒船来襲からの龍馬を描いている。

この映画の中で、龍馬を暗殺したのは佐々木只三郎を含む見廻組になっており、すでに現在語られる坂本龍馬にまつわる話と違いは全く見当たらない。

つまり、よく言われる「坂本龍馬は司馬遼太郎によって有名になった。」というのは、まさに都市伝説で、戦前の映画は幕末モノがとても人気があり、坂本龍馬は、当時からその中心人物だったのだ。

↑上へ戻る

『海援隊』

(1939(昭和14)年)

坂本龍馬は月形龍之介。

近藤長次郎を昭和の剣戟スター「鞍馬天狗」のアラカンこと嵐寛寿郎が演じている。

この年のキネマ旬報ベストテン映画。

※戦前の時代劇映画は、自由民権運動の影響もあって、幕末モノは、豊臣秀吉の「太閤記」、赤穂浪士の「忠臣蔵」と共に大変人気があった。

併せて国定忠治など、明治の圧政に苦しむ渡世人なども市民の人気を得ていた。

つまりその当時の時代劇は国民主権の色合いが強く、軍国主義的な傾向などほとんどなかったにも関わらず、戦後GHQの不理解によって大量の時代劇映画を焼かれてしまったのは、とても残酷で不幸な話だ。

そして、この翌年から国の検閲が厳しくなり、戦意高揚映画に趣きが変わってゆく。

↑上へ戻る

『暗殺』

(1964(昭和39)年)

司馬遼太郎の小説『奇妙なり八郎』を基に、庄内藩出身の志士・清河八郎を主人公として描いた実験的要素の強い問題作。

坂本龍馬は、その清河八郎を醒めた視点で語る役柄として登場する。

(坂本龍馬役は俳優・中井貴一の父・佐田啓二だ。)

当時の学生運動なども、かなり色濃く影響しているように感じるが、清河八郎と坂本龍馬を対比する視点は、とても興味深い。

「暗殺」 [DVD]

 ↑上へ戻る

『人斬り』

(1969(昭和44)年)

これは「人斬り以蔵」と呼ばれた土佐の岡田以蔵を描いた映画だが、坂本龍馬を戦後昭和の大スター・石原裕次郎が演じているので取り上げた。

脇の田中新兵衛役を三島由紀夫が演じており、切腹のシーンがことの外美しい。

彼はその翌年、自衛隊市ヶ谷駐屯地にて割腹自殺を遂げる。

↑上へ戻る

『幕末』

(1970(昭和45)年)

主演は中村錦之助(後の萬屋錦之介)。

中村錦之助は、この他にテレビ『竜馬がゆく』でも坂本龍馬を演じている。

彼の歯切れのいいセリフ回しや、キビキビした身のこなしは、きっと当時の龍馬像だったのだろう。

この時代、世界中で人種や性差別についての解放運動が盛んに行われており、この映画も身分制度に対する龍馬の怒りが中心に据えられている。

つくづく坂本龍馬は、その時代の潮流に合わせて描かれやすい人物だと感じる。

幕末 [東宝DVDシネマファンクラブ]

 ↑上へ戻る

『龍馬暗殺』

(1974(昭和49)年)

坂本龍馬を演じるのは原田芳雄。

余談だが、この坂本龍馬はカッコよ過ぎませんか?!

いや、ホントにカッコよくてセクシーだ。

話は、龍馬が暗殺される前々日の、慶応3年(1867年)11月13日からの2日間を追っている。

今までの幕末モノとは違い、人物がとてもリアルに描かれているのが印象的だ。

龍馬を暗殺するのは定番の佐々木只三郎ではなく、薩摩藩士、中村半次郎の配下の右太という武士。

その右太を演じているのは故・松田優作だ。

竜馬暗殺 [DVD]

↑上へ戻る

『幕末青春グラフィティ Ronin』

(1986(昭和61)年)

上に挙げた原田芳雄演じる坂本龍馬との落差を考えると、同じ人物をこうも広げて解釈できる坂本龍馬というのは、やはりどこか捉えどころのない人物なんだなと思えてくる。

あくまで私見だが、武田鉄矢という人は何を演じても、どこか教育者の顔になってしまう(金八先生の印象で、こちらがそれを投影してしまうのだろうか?)ので、どこか型破りな坂本龍馬を演じるのには、根っこの部分で無理を感じてしまう。。

幕末青春グラフィティ Ronin 坂本竜馬 [DVD]

 ↑上へ戻る

『龍馬を斬った男』

(1987(昭和62)年)

この映画辺りから、坂本龍馬の取り上げ方もバブルの匂いがプンプンしてくるように感じる。

ここで取り上げたのは、この作品には大変申し訳ないが、それを言いたかったからだけで、この後1991年に公開された『幕末純情伝』(「実は沖田総司は女だった。」ということで、沖田総司を女優・牧瀬里穂が演じている。)なども合わせて、どこか腰が座らないフワフワした印象を受ける。

「龍馬を斬った男」佐々木只三郎を演じる萩原健一も、坂本龍馬役の根津甚八も好演だと思うのだが、どうしても冗長にかんじてしまうのは私だけだろうか?

↑上へ戻る

『幕末純情伝』

(1991(平成3)年)

つかこうへい作の映画化。

上にも書いた沖田総司が女性だったせいで巻き起こる恋愛模様と龍馬暗殺を織り交ぜた青春(?)映画。

坂本龍馬は若き渡辺謙が演じている。

正直、この映画について語ることはほとんどなく、個人的には別に観なくてもいいのかな?と感じる。

幕末純情伝 デジタル・リマスター版 [DVD]

話は少し横にずれるが、『幕末純情伝』というタイトルとよく似た(というより、『幕末純情伝』というタイトルは、この映画の影響だろうと思っている)『幕末太陽傳』(1957(昭和32)年)は必見の一作だ。

ちょっと乾いたシニカルなコメディ映画なのだが、上の映画とは躍動感も、筋立ても、画の力、役者の力量なども、全ての桁が違う。

鬼才・川島雄三監督の遺作にして、まさに最高傑作だと思う。

もし機会があれば是非ご覧ください。

幕末太陽傳 [DVD]

↑上へ戻る

 『竜馬の妻とその夫と愛人』

(2002(平成14)年)

バブルが弾けて以降、坂本龍馬を描く映画は激減した。

それに代わって新撰組を描く映画は増えているように感じる。

どういう相関関係があるのか、また、それは私の思い違いで、別に何もないのかは定かではないが、なんとなくそう感じる。

この映画に至っては、坂本龍馬はただのそっくりさんであって、実際の龍馬は登場しない。

ここで龍馬のそっくりさんを演じているのが江口洋介。

その江口洋介は、後にNHK大河『新撰組!』で、本物の坂本龍馬を演じることになる。

どちらも脚本は三谷幸喜。

時代モノに造詣が深い三谷幸喜には、坂本龍馬は江口洋介のように感じるのだろうか?

竜馬の妻とその夫と愛人 [DVD]

↑上へ戻る

以上10作品を取り上げてみた。

ここでは新品DVDで入手できるものだけをリンクしておいたが、中古で入手可能なものもあるので、観たい作品があれば直接調べて頂けると幸いです。

後記になるが、当初は他のジャンルと同様、おすすめ順に並べようと試みたのだが、なんとなく居心地が良くない。

その過程で、映画は、他のジャンルよりも、強く、その時代の背景と共に生きているんだなと改めて認識した次第です。

読みづらく感じる点も多々あったと思いますが、寛容な心で見て頂けるよう願っています。

↑上へ戻る