「坂本龍馬のドラマ8選」カテゴリーアーカイブ

坂本龍馬のドラマ8選

『仁』

第一期(2009年)・第二期(完結編)(2011年)

このドラマの主人公は現代の医師・南方仁で、坂本龍馬は重要な役ではあっても主役ではない。

いきなり龍馬が主役じゃないドラマを挙げたのは、それくらい内野聖陽演じる坂本龍馬は魅力的だったからだ。

はっきり言って、この龍馬はかなり間が抜けている。
そうでなければ主人公の南方仁が活きないからで、それは当然の演出だと思える。

しかし、こんなにバカっぽい坂本龍馬が、何か「実はできるヤツ」に見えてくるのは、内野聖陽の芝居が、それほど思慮の深いものだったからだと感じる。

なにより、彼が喋る土佐弁は、ご当地の人をして完璧と言わせしめた。
尚、龍馬を暗殺したのは名前は伏せるが、架空の人物で、一般的に言われる見廻組ではない。

 

JIN-仁- BD-BOX [Blu-ray]

JIN-仁- 完結編 DVD-BOX

↑上へ戻る

『坂本龍馬』

(1989年)

坂本龍馬を演じるのは若き日の真田広之。

現在、海外で活躍している真田広之が、元気いっぱいに好演している。

テレビにおける坂本龍馬は幾つかのスタイルがあって、アイドル的坂本龍馬の流れはこの作品辺りから始まったのではないだろうか。

走るシーンがやたらに多く、疾走感溢れる坂本龍馬は、それはそれで好感が持てる。

坂本龍馬 [DVD]

↑上へ戻る

『幕末青春グラフィティ 坂本竜馬』

(1982年)

坂本龍馬を尊敬し、慕い、憧れている役者といえば、やはりこの人・武田鉄矢となるだろう。

ここで目につくのはタイトルの名前が「龍馬」ではなく「竜馬」である点だ。

それは、彼が司馬遼太郎著『竜馬がゆく』をバイブルのように愛しているところに起因しているのだと思う。

思えば、彼は坂本龍馬を演じたのではなく、『竜馬』を演じたのだと思うと、すごく納得できる。

現在の龍馬像とは随分かけ離れて見えるが、このアツさこそが昭和のエネルギーそのものだったのかもしれない。

↑上へ戻る

『龍馬伝』

(2010年)

映画のコーナーでも書いたけど、縦並びで武田鉄矢の後に福山雅治がいると、同じ人物を演じているとは思えなくなってくる。

このNHK大河ドラマは、語り部に香川照之演じる岩崎弥太郎を据えていて、史実通りなら、ほとんど接点がなかったこの二人を対比することで、龍馬の個性や達観を際立たせているように思えて、なかなかよくできたドラマだと感じる。

賛否両論あった福山・龍馬は、今までになかった龍馬の爽やかな一面を捉えていて、それほど悪くなく思えるけど。。

それと、この福山・龍馬は本当によく泣く。
上川・龍馬もよく泣いたけど、福山・龍馬は本当にボロボロと泣く。
それに比べて一番上に挙げた内野・龍馬はまったく泣かない。

当時の人が龍馬は子供時代、とても泣き虫だったと言っているので、本当は福山・龍馬の方が、ずっと龍馬らしかったのかもと思うと面白い。

龍馬伝 ブルーレイ全4巻セット

↑上へ戻る

『竜馬がゆく』

(1997年)

司馬遼太郎原作の『竜馬がゆく』は何度もドラマ化されているけど、ここでは上川隆也主演のドラマを取り上げた。

彼が演じる愚直で、非常に純粋な竜馬は、最期に暗殺という不遇の死を遂げる段になってグッと活きてくる。

これは他の竜馬にはなかった魅力のように感じる。

それにしても、岡田以蔵役の若き長瀬智也が美しいなぁ〜。
思えば岡田以蔵役は、萩原健一、反町隆史、佐藤健など、母性本能をくすぐるような役者が多い気がするなぁ…

…あっ!勝新太郎と竹中直人も演ってたのか?!あぁ。。

竜馬がゆく [DVD]

↑上へ戻る

『竜馬におまかせ』

(1996年)

三谷幸喜脚本で浜田雅功主演のコメディドラマ。

龍馬ファンにはかなり評判の悪いドラマだ。

それにしても、三谷幸喜は相当龍馬が好きなのだろう。

この後で取り上げる『新撰組!』でも、かなり色の濃い龍馬を描いている。

これを取り上げた理由は、竜馬が関西弁を喋っているというところ。

龍馬といえば、「ニッポンの夜明けぜよ!」的な、キツい土佐訛りで描かれることが多いけど、果たして龍馬はここまで頑なに土佐弁を話していたのだろうか?

坂本龍馬はなんとなく順応性が高い人のようなイメージがあるので、案外、器用に関西弁を使いこなしていても何も違和感はないはずだ。

ひょっとしたら、龍馬はこんな風に喋ってたのかもしれないのだ。

↑上へ戻る

『新撰組!』

(2004年)

またまた三谷幸喜脚本だ。

まず先にお断りしておきたいのは、三谷幸喜さんはあまり好みの脚本家ではないです。三谷さんすみません。。

それで…、このドラマで坂本龍馬を演じるのは、映画の中でもふれた江口洋介だ。
男らしいけど、かなりお茶目で、人の懐に入るのが上手い、そんな龍馬像を、江口洋介はとても良く演じていると思う。

なにより面白かったのは、龍馬が蝦夷を開拓すると言って、アイヌの服を身にまとっているシーン。

人がどう思おうとブーツを履いていた龍馬なら、あり得るかも?と思えてくる。

ん?それって案外、私が三谷演出にハマってるってこと??

 

新選組! 完全版 第弐集 DVD-BOX 全6枚セット

↑上へ戻る

『翔ぶが如く』

(1990年)

司馬遼太郎原作のNHK大河ドラマ。

西田敏行の西郷隆盛は、とっても切なく、よく合った配役だと思う。

このドラマで坂本龍馬を演じたのは佐藤浩市。
とても真面目に演じているのだけど、わずかに違和感を感じる部分があった。

龍馬という人物は、どこまで行っても人をかき分けて「俺が俺が」と出て行くタイプじゃない。
もし龍馬がそうしていたら、ほとんどの話は破談になっていただろうと感じるから。
それくらい険しい道を行った人だった。

だとしたら、佐藤浩市が得意とするような、目立たないが「秘めた闘志」を持っている男は、坂本龍馬という人物とリンクする気がするのだけど….。

そう思うと、やはりあの行動力があっての龍馬なんだなと改めて分かってくる。

ちょっと厳しいようだけど、佐藤浩市演じる坂本龍馬には「世の人は我を何とも言わば言え 我なす事は我のみぞ知る」的な独立心が、どこか欠けていたような気がする。

翔ぶが如く 総集編 DVD-BOX 全3枚セット

↑上へ戻る

以上、8作品を挙げてみた。
ここまでいろんなキャラクターの役者さんが演じていたんだと改めて思う。

ただ、映画と比べると、話が押し並べて単調で、龍馬人気に頼ってやってるだけという、イジワルな感想を持ったのも事実だ。

それにしても8作品中、3作品が「龍馬」ではなくて「竜馬」であることに驚く。

1作は司馬遼太郎だから当然としても、武田鉄矢、三谷幸喜に、やはり司馬作品は多大な影響を及ぼしていたんだろうと想像できる。

「龍馬」と「竜馬」。

この二人は何が違い、何が似ているのだろうか?

 

PS:もし気になったら観て頂けるように、できるだけAmazonリンクを貼るようにしているのだが、武田鉄矢の『幕末青春グラフティ坂本竜馬』と、浜田雅功主演の『竜馬におまかせ』がDVD化されていないのには驚いた。

特に、武田鉄矢演じる坂本竜馬は、一定数のファンがいるように思えるのだが、実際はどうなんだろう?

↑上へ戻る