「坂本龍馬のおすすめ本6選」カテゴリーアーカイブ

坂本龍馬のおすすめ本6選

汗血千里の駒

坂崎 紫瀾(著)
(1883年)

後の坂本龍馬を決定づけた快作。

戦後の坂本龍馬ブームの火付け役になった司馬遼太郎の『竜馬がゆく』も、この作品がなければ生まれなかったといっても、けっして過言じゃないと思う。

自由民権派の新聞「土陽新聞」に連載された坂崎紫瀾の自由への渇望が火傷するくらいアツいのに、なぜか爽やかに感じるのが不思議だ。

当時話題になった挿絵のレトロ感も満載で、娯楽作としても龍馬本として最高の一作☆

龍馬はん

↑上へ戻る

『龍馬の天命』

阿井景子(著)、 安部 龍太郎  (著), 大岡 昇平  (著), 北原 亞以子 (著), その他
(2010年)

8人の作家による龍馬にまつわる短編集。

中でも、龍馬の姉・乙女の思いを綴った、阿井景子さんの『乙女』と、神戸の操練所で出会い、海援隊を共に築いた陸奥宗光との関係を描いた津本陽さんの『うそつき小次郎と竜馬』は、龍馬という人物像をイメージする上で、とても面白く、また、どの作品も、どこか司馬遼太郎との違いを探っているようで興味深かい。

 

龍馬の天命

↑上へ戻る

龍馬はなぜあんなにモテたのか

美甘子(著)
(2009年)

坂本龍馬の史実を語る関連本は、本当にたくさん出ているが、冗長だったり偏ったりしているものも多く、まず第一に、ホントにつまらない。。

それを思うとその関係はこの一冊で、ほとんど事足りるかもしれない。

まず第一に、史実として曖昧なところや、噂話を、ちゃんとそう断った上で書いるところに誠意を感じるし、トリビア的なところもしっかり拾っていて、龍馬入門編という意味では、表紙からして堅苦しくて、暑苦しい他の龍馬本よりずっといい。

なによりも龍馬を取り巻く女性達の記述が多いことによって、龍馬を人間離れしたヒーローから、地に足がついた人間に引き戻してくれているようなところが、とても好感が持てた一冊だ。

龍馬はなぜあんなにモテたのか

↑上へ戻る

『坂本龍馬』

黒鉄ヒロシ
(1997年)

坂本龍馬の史実を辿るだけなら、上の『龍馬はなぜあんなにモテたのか』一冊で十分だと話したが、それに付け加えるとしたら、同じ土佐の生まれの黒鉄ヒロシさんの『坂本龍馬』を推したい。

もちろん、この本はただ史実を辿るのではなく、漫画として楽しませ、様々な想像力を働かせたくなる疑問もいっぱい投げかけてくれる。

そういった意味で、もし「龍馬のことは知りたいけど、文字ばっかりだと疲れちゃう。」という人がいたら『お〜い!竜馬』よりも、こちらをお勧めしたい。

『お〜い!竜馬』の最後の場面は、私には「小山ゆうさんの気持ちは次回作でいっぱいなんだろうな」と感じるくらい散漫なものに思えた。

それと比べて、黒鉄ヒロシさんの、龍へと昇華する龍馬の絵は、作家のこの作品への、そして龍馬への思いが感じられて、とても愛おしい。

坂本龍馬

↑上へ戻る

『龍馬と弥太郎』

童門冬二(著)
(2009年)

著者・童門冬二さんは本当にいい人なんだと思う。
龍馬と弥太郎の二人を、また、当時の人々を、どれも、とても優しい視点で追っている。
そして、時系列を丁寧に並べながら、龍馬の魅力と商人としての限界、弥太郎の野望と可能性を語っている。

その童門さんが、後にNHK大河ドラマ『龍馬伝』は真実と違うと結構強めに語っていた。
『龍馬伝』は、弥太郎を語り部にして龍馬の人生を追っていく話なのだが、その内容が史実と大きく異なると言う。
実際、岩崎弥太郎は、坂本龍馬と子供の頃からの知り合いではないし、様々なところで史実と違うところがあったのは確かだ。

その『龍馬伝』の中で、暗殺に向かう見廻組に、やけになった弥太郎が「あんなヤツ殺してしまえ」というようなことを言うシーンがある。

その後、龍馬は見廻組に殺される。

町の噂では、後の三菱の巨大な資産となって行く『いろは丸』の損害賠償金の件や、龍馬暗殺の頃の記述があるハズの弥太郎の日記を三菱財閥が買い上げて、未だに公表を拒んでいる件など、弥太郎が龍馬暗殺に何か関わっていたんじゃないか?と騒がしいのも事実だ。

このシーンは、そんな弥太郎にまつわる噂話への、脚本家・福田靖のレスポンスなのだろうと感じた。

歴史家は真実のようにウソを語り、小説家(福田靖さんは脚本家だが)はウソの中に真実を見出そうする。

そういう意味では、童門さんは歴史家に寄った作家なのかもしれない。

龍馬と弥太郎

↑上へ戻る

『龍馬の船』

清水義範
(2009年)

船オタクで、新し物好きで、好奇心いっぱいな龍馬は、龍馬が好きな人なら、ほぼ共有されたイメージだと思う。

船に乗りたい一心が、脱藩にも、亀山社中にも、そして薩長同盟にまで繋がってゆく。
それが「欲」ではなく「希望」になって結ばれてゆくところが、清水義範さんの良さなんだと感じた。

ネタバレ的になるけど、目次で大体の察しはつくと思うからお話すると、この話はいろは丸の一件からちょっと経った辺りで終わってる。
ここから以降の龍馬は何をやったか本当にたくさんの資料があるのにも関わらず。

そこに清水義範さんの心意気を感じる気がする。

龍馬を、ある意味で、ただの船好きとして描くことで結実した、清々しく、心が和み、あたたかくなる良書だ。

 

龍馬の船

↑上へ戻る

以上、6作品を挙げた訳だけど、正直言って当初は「10作品くらい簡単に挙げられるんじゃないか」とタカを括っていた。

なぜそう思えたかというと、世にはそれくらい沢山の龍馬本が出版されているからだ。
著名な方もいっぱい書いている。
むしろ10で収まるのかな?と思っても不思議じゃない。

だけど、実際に読むと、そうはならなかった。

上に取り上げた作品と『竜馬がゆく』、『お〜い竜馬』以外の作品は、正直、ちょっとずつ物足りなく感じた。

もちろん全てを読んでる訳ではないので、断言できないんだけど、どこか型にハマってるものが多く感じる。

そこで、なぜ型にはまってるように感じるのか考えた。

それは、龍馬の知人、友人、また、本人の書物がいっぱい残っているせいで、彼のプライムタイムがすごく調べやすいからかもしれない。

作家が創作を入れると、すぐに「史実と違う!」と言われそうな空気が充満してるから、できるだけ史実を忠実に書こうとすれば、作品自体が似てきてしまうせいはあると思う。(逆に事実や真実と言いながら「中岡慎太郎が龍馬を殺した」とか、「龍馬はADHDだった!」とか怪しげなお仕事をされてる方はいっぱいいる。)

映画やテレビドラマは配役で見せられるが、文章ともなれば、史実にない、そのわずかな隙間に工夫を凝らすのは、確かに大変なのだろう。

だけど、そこに挑んでこそ作家ではないのだろうか?

 

ここで紹介しなくても、みなさんすでに十分ご存知だと思うので『竜馬がゆく』司馬遼太郎(1962~66年)、『お〜い!竜馬』原作・武田鉄矢、作画・小山ゆう(1986~96年)は外させてもらいました。

↑上へ戻る