千葉佐那〜千葉の鬼小町

Pocket

元治元年(1864年)8月1日、坂本龍馬はお龍と内祝言を挙げます

 

実はその前年、江戸の北辰一刀流桶町千葉道場で剣術修行をしていた龍馬は、道場主・千葉定吉の娘、千葉佐那(さな子)と婚約をしていました。

 

坂本龍馬は土佐の日根野弁治の道場で6年に渡って稽古に励んだ後、「小栗流和兵法事目録」を得て、嘉永6年(1853)年4月、藩から剣術修行のための1年間の江戸自費遊学の許しを得たので、幕末江戸三大道場の一つ、北辰一刀流の桶町千葉道場に入門します。

そこには、道場主・千葉定吉、その息子・重太郎、そして3人の娘の1人が佐那がいました。

 

 

当時、すでに佐那の剣術は免許皆伝に達する腕前で、特に小太刀が上手かったそうです。

宇和島藩8代藩主・伊達宗城の記録によると、佐那が伊達家の姫君の剣術師範として伊達屋敷に通っていた頃に、当時18歳だった佐那が、後の9代藩主・伊達宗徳(当時27歳)と立ち会って勝ったことが書かれています。

その上、佐那はとても美しかったそうで、先の伊達宗城は「左那ハ、容色モ、両御殿中、第一ニテ」(佐那は剣の腕だけではなく、2つの伊達江戸屋敷に出入りする女性の中で一番の美人です。)と記されています。

 

千葉佐那の話から少し離れますが、龍馬が江戸に出て間もない6月3日に、ペリー提督率いる米艦隊が浦賀沖に来航します。

坂本龍馬は江戸の剣術修行中だったので、この激動の瞬間を肌で感じることができました。

その流れを受けるように、龍馬は剣術修行の傍ら、佐久間象山の私塾に入学し、砲術・漢学・蘭学などを学びました。

 

そして龍馬は15ヶ月の修行を終え、一度土佐に戻ります。

 

そして土佐の日根野道場の師範代を務めたりしますが(この時期に徳弘孝蔵の元でオランダ語なども学んでいます)、2年後に、藩から再度の江戸修行の許可を得て、再び桶町千葉道場で剣術修行に励みます。

 

この2度目の修行中に龍馬と佐那は恋に落ちたようです。

 

そういう経緯も関係したのか分かりませんが(笑)、龍馬は藩に一年間の修行期間延長を願い出、了承を得たおかげで、更に1年、2人は共に時間を過ごせるようになりました。

この延長期間中に、坂本龍馬は千葉定吉から「北辰一刀流長刀兵法目録」を授けられ、道場で塾頭も努めます。

その後、与えられた修行期間を終え、安政5年(1858年)9月、龍馬はまた土佐に戻ってしまいます。

 

佐那はこの時、どんな気持ちで国へ帰る龍馬を送ったのでしょうか?

 

この年は井伊直弼が幕府大老に就任し、激動の時代の鐘を鳴らし始めた時期です。

目まぐるしく様々な勢力が入り乱れる中で、龍馬は文久2年(1862年)3月24日、とうとう土佐藩を脱藩します。

そしてその年の8月、江戸に行き、年末から年始にかけて福井藩士・松平春嶽や、幕府軍艦奉行並・勝海舟と運命的な出会いを果たします。

 

そしてこの頃に、佐那は龍馬と婚約をしたようです。

(千葉佐那は後に「安政5年(1858年)に婚約した」と述懐していますが、坂本龍馬が姉・乙女に宛てた手紙で推し量ると、この時期が妥当だろうと思います。)

 

佐那の父・定吉は龍馬の為に坂本家の紋付を仕立てます。

そして佐那はその場で、

「天下静定の後を待って華燭の典を挙げん」(平穏の時が訪れたら結婚式をあげましょう。)

と言ったそうです。

 

これは脱藩という罪を犯してしまった龍馬とは、まだ結婚に至れないという意味なのでしょうか?

それとも江戸幕府の時代が終わって、新しい時代が訪れるまでという意味なのでしょうか?

 

当時、龍馬は姉・乙女に3通の手紙を出しています。

 

一通は勝海舟との出会いの手紙。

”エヘンエヘン”言ってます。

 

もう一通は

”日本を今一度洗濯いたし申し候”

という言葉が綴られた手紙。

 

そしてもう一通が、千葉佐那のことを紹介した手紙でした。

 

”日本を今一度洗濯いたし申し候”と、

佐那が求めた”天下静定”

 

静と動がぶつかり合うような、この2人の思いの果てが、永遠の別れに繋がっていったのでしょうか?

 

音信不通になってから4年後の慶応3年(1867年)11月15日、坂本龍馬は近江屋で殺害されてしまいました。

龍馬の死の知った佐那は、龍馬の紋付の片袖を形見にして、生涯大事にしていたそうです。

 

明治維新の後、千葉道場は閉鎖。

千葉佐那は学習院女子部に舎監として奉職した後、千住で家伝の灸を生業として過ごし、明治29年(1896年)に59歳で亡くなりました。

生前、明治7年(1874年)に山口菊次郎と結婚をしますが、数年後に離婚。

 

山梨にある墓石には「坂本龍馬室(室は「妻」の意)」と彫られています。

 

嶺里ボーの小説『龍馬はん』には、佐那がどうして龍馬をこんなに愛していたのか頷けるような、魅力的な坂本龍馬の生き様を感じて頂けます。

 

●『龍馬はん』

「野暮ったい恰好してんけど、ああいうオトコは、案外オンナにモテんねんで。」

維新の志士、坂本龍馬が暗殺された近江屋で、真っ先に殺された力士・藤吉の目に、龍馬や幕末の侍たち、町民の暮らしはどう映っていたのだろうか?

倒幕、維新の立役者として名高い坂本龍馬・中岡慎太郎の陰で、ひっそりと20年の命を閉じた藤吉に眩しいほどのスポットを当て、涙や感動・笑いやほのぼのなどをいっぱい詰めた、嶺里ボーならではのユニークで豪快な一作です……

坂本龍馬と剣術修行→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です